メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

三吉さま 覚書 Memorandum about information of Miyoshi

2020/01/04  03:44
0
Memorandum about information of Miyoshi in Akita.

三吉という秋田の米と酒

Rice varieties and sake names.
・お米の名前になってた!一体どんな味だったのか、気になる!
・お酒は天下の「太平山」(小玉醸造)清酒いろいろ!天巧好き。にごり酒もよい。
・米焼酎「三吉(さんきち)」(小玉醸造)

三吉様は人?

・Tsurujyumaru Fujiwara Sankichi 鶴寿丸藤原三吉
・山で神隠しにあった娘が戻ってきて、15カ月目に産んだ子
・じじばばが明神様に祈願して拾った子
・大平山に入り立ったまま凍った狩人(上小阿仁)
・元は森吉山の巨人(北秋田)という説も。森吉山のカタメの鬼との関係はあるのかな?山鬼神(サンキチ・サンキジン)?
・山に入って山姥が飲んでた小石から流れてる白い水を飲んだら神になる
・ミヨシ、サンキチ、タヘイジ

 

三吉様は相撲と酒と煙草が好き

・Miyoshi-sama likes sumo,sake and kiseru (a Japanese smoke pipe).
・横綱の谷風梶之助に相撲で負ける
・日の下開山に相撲で勝つ。四股を踏んだら土俵に穴が
・相撲取りの鳥谷ヶ崎に相撲で負けて、追いかけてコロ…え?(岩手)
・熊は煙管ふかしてタバコの煙でいぶしてから投げる…いぶすほど?


ブラジル、サンパウロで相撲大会を仕切るのはサレゾーポリスの三吉神社! 相撲の掛け声は「八卦良い」。
北海道根室三吉神社の新根室プロレス。アンドレ・ザ・ジャイアントパンダ?

稲庭の地名は三吉様が原因?

働いた先は、長者だったり婆さんだったり。

三吉様は力持ち

He is powerful.
・1年分の収穫の稲を全部背負う(稲庭の話)
・複数の力士が入った風呂桶担いで運ぶ
・人(六之丞?)が入った風呂桶を片手で持って床を掃除
・両脇に大砲持って加勢
・岩手で山づくり?
・舟に乗って船賃を払う際、お金を取りに、5里先の角館まで走って往復。強欲な女の手を引っこ抜いてくる(←一体何が?)

三吉様は少年?青年?老人?

His appearance varies.
・美少年→大砲抱えた「美」少年。青年だったり、姿は見えなかったり?
・かりっと痩せた若者→力士が入った風呂桶を担ぐ
・あまり大きくない男→日の下開山に相撲で勝つ
・馬に乗った荒武者
・髭面の大男→絵や塑像はこのタイプ
・雲に乗る仙人
・ダイダラミッチ
 ・5~6歳の女の子→親戚に似ている。家が火事の時屋根の上にいた。消火に従事?(火事が起こる家の屋根に子どもがいる、という話は伝承によくあるパターン)

人間側が後になって「アレは三吉様だったのだ」と思うだけなので、本当に三吉様かどうかはわからない。

三吉様は三吉鬼?

・お酒を飲んで後で薪で払う。酒代を要求した時の仇の内容は謎。
・江戸時代の文学者、只野真葛(1763-1825年)の著書『むかしばなし』に記述。

・お酒を供えて願掛けすると叶えてくれる

・秋田に座敷童がいないのは…

三吉様のパートナー

・じじばばに拾われた三吉は18歳になると、周りから「結婚したい」と望まれる美丈夫になる。しかし「結婚はできない」と山に入ってしまう。
・「三吉様も男だなあ」と言われる話→妻を探して8人娘がいる家の畑仕事をする。末娘が妻になることを承諾するが母親は反対。その後末娘は急死、遺体が消えて「俺は赤沼の三吉だ」と書かれた掛け軸が残される(8人って八百万と一緒で、娘が多いって意味だと思う。この後、この家は没落するが末娘が三吉に頼んで親を援助し復活と言うのは後付けな気がする)
・三吉の妻になると家を飛び出した女が山姥になってた(出典が見つからない。どこで見たんだろう?)

三吉様の呪術?

太平山の山奥でー修行してー♪ 役小角と修験者と大黒と薬師と神通力。
・大井太郎、五郎を呪術でノロイコロ…え?
・狐が良い馬に化けて、軍馬で三吉様が儲ける…え?


梵天祭り

  三吉神社のお祭りには梵天がつきものですが、なんで三吉神社に奉納するのかわからない。御神輿とはまた違うよね?
 五穀豊穣を願って稲穂でつくった「ぼんでん」を神社に奉納したことが始まりと言われる。現在の「ぼんでん」は、3㍍の木の棒の先に、彩り鮮やかな布やお守りで飾りつけをした竹かごをかぶせたものが一般的。「ジョヤサ」というかけ声とともに「ぼんでん」を奉納する。

三吉様がモデルの創作

 
・マンガ 秋田LV3「神様セカンドライフ」
私を沼に引き込んだ私が愛してやまない北秋田にいる分御霊様。
 

・マンガ 藤田和日郎「月光条例」
主人公、月光の初期設定の名前案が三吉。東北で三吉といったら、ねえ。
月光条例はシンデレラさんが大好きです。
 
・絵本 斎藤隆介「三コ」福音館書店 1300円+税
おいだら山の三コのお話。ダイダラボッチのイメージが強い。

美少女化

・ゲーム「社にほへと」太平山三吉

・音声作品「あやかし郷愁譚」三吉鬼のサキ

三吉違い

・愛知県の冨吉建速神社(と みよし たけはやじんじゃ)の須成祭(国指定重要無形文化財)は、葦(アシ)を葭(ヨシ)として刈り取り、神葭(ミヨシ)さまとして、穢れを託して川に流す→御葭流し
・三吉稲荷大明神(京都、三重、愛知、東京)
・キツネの三吉(三郷稲荷・三吉と小女郎)
・タヌキの三吉(信楽のタヌキ、奈良の教安寺サンちゃん)
・岡山の三吉(天にのぼった三吉)
・自然生(じねんじょ)の三吉(浄瑠璃「丹波与作待夜の小室節」「恋女房染分手綱などに出てくる馬追いの少年)
・三吉子別れ→地唄「恋女房染分手綱」の別称
・緑で毒のあるトゲトゲを持つイラガ(棘蛾)の幼虫を三吉(さんきち)と呼ぶ岡山県。茨城県では八幡太郎。なんで?
・スペクトルマン49話「悲しき天才怪獣ノーマン」(天才から変異し人喰い怪獣化した三吉の悲劇)

そのほかにも、江戸時代の悪党、地名、店名、もやし、いろいろ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿